読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞文読報

聞こえる言葉を文字に起こし、目で聴く読み物に変えて発信します。

8月6日 安倍総理 あいさつ(全文) 『広島平和記念式典』

スピーチ

※平成27年8月6日、平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)より

本日ここに、被爆70周年の広島市、原爆死没者慰霊式ならびに平和祈念式が挙行されるにあたり、原子爆弾の犠牲となられた数多くの方々の御霊に向かい、謹んで哀悼の誠を捧げます。そして被爆による後遺症に、今尚苦しんでおられる方々に対して、衷心よりお見舞いを申し上げます。

あの朝から70年が経ちました。ここ広島に投下された一発の原子爆弾により、10数万にも上る幾多の尊い命が奪われ、街は廃墟と化しました。惨禍の中、一命を取り留めた方々にも、言葉に尽くしがたい辛苦の日々をもたらしました。

今広島の街を見渡す時、この水の都は逞しく復興し、国際平和文化都市へと変貌を遂げました。被爆から70年を迎えた今朝、私は改めて平和の尊さに思いを致しています。

我が国は唯一の戦争被爆国として、現実的で実践的な取り組みを着実に積み重ねていくことにより、核兵器の無い世界を実現する重要な使命があります。また核兵器の非人道性を世代、国境を越えて広める務めがあります。

特に本年は被爆70年という節目の年であります。核兵器不拡散条約運用検討会議では、残念ながら最終合意には至りませんでしたが、我が国としては核兵器国と非核兵器国、双方の協力を引き続き求めつつ、核兵器の無い世界の実現に向けて一層の努力を積み重ねていく決意です。

この決意を表明するため、本年秋の国連総会では、新たな核兵器廃絶決議案を提出します。8月末には包括的核実験禁止条約、賢人グループ会合ならびに国連軍縮会議が、さらに来年にはG7外相会合が、ここ広島で開催されます。これらの国際会議を通じ、被爆地から我々の思いを国際社会に力強く発信いたします。また、世界の指導者や若者が被爆の悲惨な現実に直に触れることを通じ、核兵器の無い世界の実現に向けた取り組みを、さらに前に進めて参ります。

今年、被爆者の方々の平均年齢が初めて80歳を超えました。高齢化する被爆者の方々に支援を行うために制定された、『原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律』も施行から20年を迎えました。引き続き、保険、医療、福祉にわたる総合的な援護施策をしっかりと進めて参ります。特に原爆症の認定につきましては、申請された方々の心情を思い、一日も早く認定がなされるよう、審査を急いで参ります。

結びに、亡くなられた方々のご冥福と、ご遺族ならびに被爆者の皆様のご多幸をお祈り申し上げるとともに、参列者ならびに広島市民の皆様のご平安を祈念致しまして、私のご挨拶と致します。

 

平成27年8月6日 内閣総理大臣 安倍晋三

発言者:安倍内閣総理大臣