読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞文読報

聞こえる言葉を文字に起こし、目で聴く読み物に変えて発信します。

ダウンタウン 松本人志 アメリカによる原爆投下について泣きながら持論を訴える(全文) 『松本人志の放送室』

※2005年09月04日放送、TOKYO FM松本人志の放送室』(第206回)より

松本 そんなんどうでもええわ。ちょっとアメリカに怒ってええかな?

高須 もうまたや、もう。大体一昼夜に1回アメリカに怒ってんなぁ。

松本 いやでもな、知ってる?

高須 いやいや知りませんよ!そんなもん。

松本 これは僕そこをね、やっぱりちゃんと言わなあかんと思いますよ。

高須 冷静に言ってくださいよ?

松本 はい。

高須 今回も怒らずに。

松本 あ、あ、荒げることなくね。

高須 荒げることなく、声荒げることなく冷静に風のように線細く言ってください。お願いします、はい。アメリカ。

松本 いやその、久しぶりにアメリカ国民に原爆投下についてどう思うかってアンケート取ったん知ってる?

高須 うん。

松本 知ってる?

高須 知ってますよ。

松本 知ってんのかいな!

高須 うん。

松本 何で怒れへんねんな?

高須 いや、前からあんなん言うて…

松本 過半数以上があれは別に良かったと思ってるというか…

高須 必要悪やって。

松本 あのねぇ…

高須 いや必要悪というか必要やったっていうことやな。間違ってないっていう。

松本 間違ってないって言うんですよ。あのねぇ、それでね?筑紫哲也のあの、広島の原爆があったあの日の夜かな?今年のね。

高須 筑紫さん何て言った?

松本 あれ何かニュースでやってたんですよ。

高須 うん、うん。

松本 それでねぇ、あの・・・、なんとかゲイってあれは戦闘機、あったじゃないですか?あの。

高須 なんとかゲイ?

松本 はい。

高須 何かあんねんなぁ。

松本 原爆を積んだ戦闘機ですよ。

高須 エノラ・ゲイ

松本 エノラ・ゲイ

高須 うん。

松本 で、あの原爆を開発した研究チームがいるじゃないですか?博士たちの。

高須 うん、うん。

松本 あれ1人じゃないですけどね?その中の1人が、開発にも関わってて、あの日戦闘機にも乗ってて、落とす時も当然いましたし、キノコ雲がバァー出たでしょ?あれを撮影したんもそいつなんですよ。

高須 うん。

松本 そいつがこの60年ぶりに日本に広島に来たんですよ今年。

高須 うん、来た。

松本 ほいで被災者と話をしたんですよ。

高須 うん。したら何て言った?

松本 原爆ドームのあの記念館みたいな…

高須 全部見て?

松本 あれも見て。ほいで、謝れとは言うてないですよ?こっちは別に。まぁそんな話になるじゃないですか?

高須 どう思いますかと。

松本 大変やった、あんなんやった、こんなんやった。今でも我々は苦しんでるみたいなことも言うじゃないですか?「まぁそれは大変やったね、大変やったね」みたいな。終始そういう感じなんですよね。「あぁそれはいけないね、悲惨だね」みたいな感じを言うんですけど、「でも僕は謝らない。」

高須 なんでやねん。

松本 あのねぇ...

高須 声荒げたらあかんで?荒げずにいかなあかんで、荒げずに。何でやの?それ。

松本 おい筑紫哲也と。

高須 うん。

松本 あ、筑紫哲也そこにはいないんですけど。もうね、このラジオ聞いてる…あれTBSですか?あの報道のスタッフ。そういうことがあったらね、僕に電話して?

高須 お~、松ちゃんすぐ行く?

松本 僕行くわ。

高須 うん。

松本 ほいでね、僕ね、

高須 僕が言う!

松本 僕が言うわ!

高須 うん。

松本 あのねぇ…

高須 声荒げたらあかん、もう荒げそうな顔になってる。もう声荒げたらあかんで。

松本 俺はもうたまらんねん!!

高須 荒げとるがな。(笑う)

松本 その、あれがあったからこそ戦争をあのぐらいで済ませたというか、おわ、早く終わらせれたみたいに言うんですよ。

高須 いいやん、なぁ?

松本 待てと!!広島と長崎で何万人死んだ思てんねん!!

高須 あら強いな…

松本 あの後あれであんなんせぇへんかったらあんな何万人も死んでへんねん!!どういう計算方法でそうなんねん!!

高須 まぁ~そらそや。そらもう荒げるのはわかるけど、荒げたらあかん言うてるやろ?

松本 (笑う)

高須 冷静に冷静に。

松本 もうね...もうたまらんねん!!

高須 いや、たまりませんよ。日本人としてはたまりませんよ、そりゃもちろんね。

松本 だから僕もう毎年言うてるんです、それは。その原爆を落とされた日にね?ああいうことをね?「二度とこんな過ちは、過ちは」ってやるでしょ?で、子供たちにもそんな悲惨やった話をするじゃないですか?でもね、「過ちは過ちは」って言うんですけど、原爆に関しては被害者なんで。被害者が被害者に伝えていったってダメなんですよ!

高須 なるほど。

松本 アメリカの子供に言わんとダメなんですよ!で、アメリカに発信しないと!あれやってるんですか?アメリカで、毎年。

高須 どうなんですかねぇ?

松本 絶対やってないんですよ!だから60年間あいつらのあれは変わらないんですよ!いまだに!

高須 日本が変わってないからですよね?たぶん。

松本 そう!だから日本が言わないといけないんですよ!

高須 そりゃそうかも知れん。日本がたぶん言いなさ過ぎてるのかも…

松本 日本の子供たちにこんな悲惨やった、こんな悲惨やった、だからこんな過ちは二度と起こさんようにしようなって言うたってワシら何もしてへんがな!いう話なんですよ。朝礼で集まってる奴に集まりが遅い!言うて怒ってるのと一緒なんですよ。

高須 まぁまぁでも最初の始まりが侵略戦争やったりとかするから日本もね?

松本 はい。

高須 だからそれを止めるためにっていう一応正義を持ってるわけですよ。

松本 いや、そうなんですよ?そうなんですけどもやっぱ原爆に関してはですね、これは謝ってもらわんと。

高須 まぁまぁまぁまぁ。

松本 終わらないですよ!!

高須 たぶんね、うまいことされてると思うよ日本なんて。

松本 はぁ~。

高須 泣いてるやんか自分、どうしたん?(笑う)

松本 僕はね、悔しいんですよ…

高須 いやまぁわかりますねぇ。

松本 腹立つんです…

高須 あれはでも毎年どんどん増えていくんですかね?

松本 何がですの?

高須 必要だったという人は、アメリカの。

松本 このままその日本が全然アメリカにそういうことを言わないと変わらないでしょうね。うまくいってこのままか、でしょうね。下手したらもっと増えていくでしょうね。

高須 まぁでも知らんからどんどん増えていくやろね。

松本 だってあのエノラ・ゲイですか?あれは展示されてるんですよね?アメリカで。そしてアメリカを救った戦闘機ということで展示されてるわけですよ。で、アメリカ人はわぁ素晴らしい(拍手しながら)いうて言うてるわけですよ。この、これをね、なんとしましょうか?

高須 まぁ俺もその辺はあんまようわからんねんけど、どう、どうなのかね?

松本 僕もそんな細かいことを何もかもわかってるわけじゃないですけどもね?

高須 謝ってほしいことは謝ってほしいですわね、たしかに。

松本 ああいうことがあったら僕行きますから。

高須 あら。

松本 僕行って、あの外人と話しますから。

高須 そういうのおもしろいですけどね。

松本 僕ほんと行きますよ。もうねぇ...

高須 まぁでも今なお引きずってる人いますからねぇ、それは。もちろん、体にもね。

松本 しかもあれがなかったら終われへんかったって言うのも矛盾してますしね。だってじゃあなんで長崎に落としてん?広島でええやんけもう。もっかいやってるわけですよ、ダメ押しに。

高須 まぁね。

松本 なんやねん!

高須 調べたかったんやろ。

松本 アホかボケ!

高須 (笑う)

松本 いやでもね、それはね、アホな芸人がラジオで怒っとるわで片付けちゃだめですよ、ほんとに。

高須 まぁまぁ、アホな芸人がとは思ってませんけど。

松本 この状況をね、やっぱアメリカ国民はね、知らないだけなんですよ。伝えられてないんですよ。あの後どんだけ引きずってるかっていうことをほとんどのアメリカ人はわかってないんですよ。だからなんか罪の意識がないんですよ。だからほんまこれね、伝えなあかんねん!だから報道特番いうのをね、この時期いっつもアメリカに組んで、アメリカが何と言おうがオンエアしないとダメなんですよ!日本でやってたってあかんねん。ほな絶対変わってくるから。

高須 まぁでも向こうの言い訳は、まぁ言い訳かどうか知らんけど、復興するためにこんだけ支援したとかいろんなことまた言ってくると思うねん、言うたってよ?侵略戦争を止めて、なおかつ日本の支援もして、日本自体をそのなんちゅうの?要は、まぁ植民地にせぇへんかって、ちゃんとそのまま使ったというのもまぁ何となくね。ほんとやったらアメリカになっててもおかしないねんから。

松本 腹立つわ..あいつら何発持ってるか知ってる?いまだに。

高須 わからんなぁ。

松本 ものすごい持ってるよね?何千発って持ってるよね?核。すごいですよ、あいつら。

高須 誰に聞いたん?それまた自分。

松本 それはニュースでもよく、何千発持ってますよ?間違いなく断トツで一番持ってますからね!ほいでね、何千発持ってますし僕はそこにプラス2を絶対しますからね!!

高須 ん?

松本 プラス2!使うた分ありますから!これ排除しないですよ僕は!プラス2ですよ!

高須 なるほど。

松本 1000発持ってるんやったら1000飛んで2ですからね?

高須 (笑う)

松本 ここうやむやにしないで下さい!

高須 いやいやそら俺...

松本 使うたからもう無し!みたいなダメですよ!プラス2ですよ!

高須 いやあのね?あの。わかりますよ、興奮しないで下さい。僕に言われてもしょうがないんですよそれ。あなたずっと自分...

松本 くそこの、アメリカがっ!

高須 (笑う)もう長谷川何とかして?

松本 星条旗ばっかり!

高須 この話なったらもううるさーてしゃーないねん!

松本 (笑う)

高須 ほんまに。

松本 星条旗ばっかり着込みやがってボケェ!

高須 もうちょっとどうにかしてこれぇ。曲行きますか?もう一曲。

松本 (笑う)

高須 収まれへんでこれ。ヤングマンでも聞かせようか?

松本 それ西條秀樹の服の柄やがな。(笑う)

高須 (笑う)

出演者:松本人志高須光聖構成作家