読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞文読報

聞こえる言葉を文字に起こし、目で聴く読み物に変えて発信します。

9月18日 江島潔(自由民主党) 中谷防衛大臣 問責決議案 反対討論(全文) 参議院『本会議』

※平成27年9月18日、参議院『本会議』より

自由民主党の江島潔です。わたくしは、自由民主党公明党を代表して、ただいま議題となりました、中谷防衛大臣に対する問責決議案に対し、断固反対の立場から討論を行います。

平和安全法制の審議を通じて、中谷大臣は、非常に誠実に答弁を続けてこられました。一方で、問責決議案を提出された各会派は、中谷大臣の答弁を曲解し、言葉尻をあげつらい、粗探しをすることに情熱を傾けてこられました。その情熱を、法案の内容についての審議や、我が国を取り巻く脅威の現状、我が国の安全保障の将来像などの、議論に注いでいただければ、より充実した法案審議になったものと存じます。ごく少数の良識ある野党議員の方々は、そうした質疑をされていましたが、そうでない多くの野党の方々によって、法案審議の質が著しく下がったことは、たいへん残念であります。民主党蓮舫代表代行は、中谷大臣の答弁について、「あまりに横暴」とおっしゃったそうです。しかし、一部の民主党議員の質問、態度こそ、あまりに横暴ではなかったでしょうか。民主党は人のことを言う前に、まず、自らの態度を反省すべきであります。

たしかに中谷大臣は、答弁を修正したり、撤回したこともありました。しかし、そのたびに誠実に謝罪して、修正すべきものは修正し、撤回すべきものは撤回しているのですから、まったく正しい行動です。

一部の野党はこれまで、平和安全法制に対し、『戦争法案だ』、『徴兵制になる』、『自衛隊の派遣に歯止めがなくなる』といった、誤った事実を印象つけてきました。あなた方は、こうした国民を惑わせる情報を、今まで修正したり、撤回したことがありますか。していないなら、今すぐ撤回し、謝罪を行うべきです。それをせずに、中谷大臣を問責する資格などありません。

明らかに間違ったことを言い続ける一部野党より、間違ったことをしっかりと修正し撤回する中谷大臣の方が、よほど誠実ではありませんか。

また、「防衛省自衛隊において、平和安全法制の成立前であるにもかかわらず、法案の成立を見越した資料を作成したのが問題だった」という批判もあります。しかし、その批判も明らかに間違っています。批判のための批判であり、聞くに値しません。

平和安全法制に限らずどの法案の場合でも、法案が成立した場合に備えて、政府部内で事前に具体的な検討課題を整理し、必要な分析や研究を行うことは、当然のことです。むしろ、法案が成立するまで何の準備もせず、成立して初めて準備を始めるという方が、ありえないでしょう。もしそんなことがあれば、準備不足というそしりは免れません。ましてや今回は、安全保障という国の根幹に関わるテーマです。法案が成立した場合、すぐに必要な対応ができるように事前に準備しておくことは、当然のことであります。まったく問題がないどころか、むしろ、必要なことです。やっていない方が問題です。

もっとも、こうした内部文書が、簡単に外部に流出してしまうことは問題であります。中谷大臣におかれては、防衛省自衛隊における情報管理を、改めて徹底していただきたいと思います。あわせて、どのように情報が流出したか、情報を渡した側はもちろん、手に入れた側にも、違法行為がなかったのか、しっかり調査していただきたいと思います。また、国会の場で情報を開示した議員におかれては、情報の入手方法を明らかにしていただきたい。まさか違法な手段ではないとは思いますが、どのように入手したかをオープンにし、説明責任を果たしていただきたいと思います。

さて、皆さんはご存じのとおり、中谷大臣は元自衛隊員であり、第一次小泉内閣で、防衛庁長官、現内閣では、防衛大臣を歴任されている、防衛政策のスペシャリストであります。中谷大臣の専門的な知識・経験があったからこそ、この長時間にわたる平和安全法制の審議を、ここまで進めてこられたのです。まさに、余人をもって代えがたい人材といってよいでしょう。

その中谷大臣に対し、これまで述べたように、一部野党が自らの非を棚に上げて、ただ平和安全法制の採決を引き延ばしたいという、身勝手な理由だけで提出したのがこの問責決議案です。このような決議案が、万が一、可決されるようなことがあれば、我が国の憲政史上の大きな汚点となります。全力で否決しなければいけません。

かつての野党は採決を引き延ばすため、牛歩戦術を用いて国民から大きな批判を浴び、国会の権威を辱めました。国権の最高機関である国会が、国民の嘲笑の対象にまでなったのです。あの牛歩戦術と同じ目的の決議案ですから、絶対に許してはなりません。良識ある参議院の皆さまに対し、国会の権威を守るため、このような決議案を断固として否決していただくことを求めまして、わたくしの討論を終わります。

発言者:江島潔(自由民主党