読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞文読報

聞こえる言葉を文字に起こし、目で聴く読み物に変えて発信します。

8月15日 安倍晋三内閣総理大臣の式辞 全文 全国戦没者追悼式

※平成27年8月15日、日本武道館『全国戦没者追悼式』より

天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、戦没者のご遺族、各界代表、多数のご列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行いたします。

遠い戦場に斃(たお)れられた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、はるかな異郷に命を落とされた御霊の御前に、政府を代表し、謹んで式辞を申しのべます。

皆さまの子、孫たちは、皆さまの祖国を、自由で民主的な国につくりあげ、平和と繁栄を享受しています。それは、皆さまの尊(たっと)い犠牲の上に、その上のみに、あり得たものだということを、わたしたちは片時も忘れません。

70年という月日(つきひ)は、短いものではありませんでした。平和を重んじ、戦争を憎んで、身を、堅く身を持してまいりました。戦後まもない頃から、世界をより良い場に変えるため、各国、各地域の繁栄の、せめて一助たらんとして、孜々(しし)たる歩みを続けてまいりました。そのことを、皆さまは見守ってきてくださったことでしょう。

同じ道を歩んでまいります。歴史を直視し、常に謙抑(けんよく)を忘れません。わたしたちの今日あるは、数多(あまた)なる人びとの善意の上であることに、感謝の念を日々あらたにいたします。

戦後70年にあたり、戦争の惨禍を決して繰り返さない。そして今を生きる世代、明日を生きる世代のために、国の未来を切り拓いていく、そのことをお誓いいたします。

終わりに、いま一度、戦没者の御霊に平安を。ご遺族の皆さまには、末永いご健勝をお祈りし、式辞といたします。

平成27年8月15日 内閣総理大臣 安倍晋三

発言者:安倍晋三